アークランドサカモト関西へ2店舗出店
新株発行で資金調達 株式一部上場へ
 新潟県三条市上須頃、アークランドサカモト(株)(坂本守蔵社長)は、1月20日、関西地区へ2出舗を出店する計画を発表した。

 兵庫県姫路市と京都府に売場面積5000坪から6000坪のスーパーセンターを出店する。姫路店については、平成16年9月オープンを予定し、23億円の売上げを予定。

 さらに、2月2日からは、東京証券取引所市場第1部に株式を上場し、資金調達を図る。

 同社では、昨年すでに、新たな市場として、関西地区への進出を発表している。

 出店する2店舗は、いずれも小売事業を行う、新設の直営店舗。同社決算期で、平成17年2月期に姫路市の店舗を開店させ、翌18年2月期には京都府内に2号店を開店させる計画。

 17年2月期の姫路店の売上げを23億円、18年2月期には、姫路店の売上げを55億円、2号店を開店させ、48億円を売上げるとしている。

 姫路市へ出店する店舗は、スーパーセンタームサシ姫路店で、売場面積は6000坪。ことし3月から着手し、8月に完了させ、来年9月のオープンを予定している。投資予定金額は、30億円。

 京都府内に出店する関西2号店の売場面積は5000坪。ことし10月に着工し、来年3月には完成。18年4月にオープンさせる。投資予定金額は25億円。

 また、関西地区の2店舗の設備投資額を新株式の売り出しで調達するため、200万株の普通株式を発行。

 発行価格は1月27日から29日までの間に決定する。

 申し込み株数単位は100株で、30日から2月3日までを申し込み期間としている。

 同社では、今後さらに関西地区への出店を検討していくという。  
                                                (重藤)