三条商議所・1カ月限定 東三条駅前に
アンテナ・体験ショップ
1坪500円 ニーズ調査、消費者意見吸収の場に
 三条商工会議所(新潟県三条市)は、3月から、JR東三条駅前にある池上ビル1階に、1カ月間の期間限定で、ミニアンテナショップと商業起業者体験ショップを開設する。現在、同ショップへの出店希望者を募集している。

東三条駅ロータリーに面した人通りの多い場所 商工会議所会員事業所が、試作品や消費者の反応を知りたい製品・商品を並べるアンテナショップと、小売業の開業希望者や学生が気軽に出店できる場所を、1坪500円と格安で提供する。

 商工会議所では「新しいことにチャレンジしている事業所の役に立つほか、商店街を賑やかにするための応援にもなれば」と出店者を求めている。

 同商工会議所が中心になってまとめた、市街地活性化構想「TMO三条」の事業として行うもので、三条市が後援している。

 JR東三条駅を中心とした商店街は長崎屋東三条店が閉店して以来、歩行者の数も減りがちだが、JR東三条駅の利用客は1日に3100人おり、さらに、バスターミナルの利用客も含めると、三条市内では比較的環境のよい場所。

 アンテナショップとは、企業が新製品などを試験的に並べる店舗のことで、三条市近辺では、県央地場産センターや三条・燕地域リサーチコアのGマーク受賞作品の展示などがアンテナショプとしての役割を果たしているが、専門の場所はないのが現状。

 新たに、アンテナショップを設けることで、地場産センターやGマーク賞とは縁のなかった企業にも、提供する。開発した新製品の消費者ニーズの調査、商品の価格設定、消費者の意見を吸収する場としての活用が見込める。商品販売も可能。

 商業起業者体験ショップは、小売業に興味のある人を募集しており、高校生、大学生も受け付けている。

 開店場所の池上ビル1階の広さは、26坪。冷暖房、トイレを完備。さらに、商工会議所で来客用と出店者駐車場を用意する。

 開店期間は、3月5日から29日までの間で、出店期間は、2節に分けて、5日から16日までと18日から29日までとする。

 出店区画は1区画3坪を基本とし、参加料は1節1坪あたり500円。

 出店資格としては、アンテナショップは商工会議所会員に限るが、体験ショップは幅広く応じている。

 商工会議所では「今回の事業を実験的に行い、アンテナショップや商業起業のニーズがどれほどあるのか確かめたいし、賑やかな場所をつくりたい」としている。昨年度開店したチャレンジショップ商売堂が平成16年度で終了するため、今後のためのニーズ調査も兼ねたい考え。

 また、説明会を2月7日と14日の2回開催する。いずれも午前10時から、1時間ほどを予定。会場は三条商工会議所。

 説明は十分程度で終了するが、出店するためのアイデアがまとまっていない場合や、どのような形態で出店したいかなどの相談や質疑応答に時間をかける。

 問い合わせや申込書の希望は、同商工会議所(TEL0256・32・1311)へ。
                                                (重藤)