「人口少ないところこそ先進事例」島根県海士町の取り組み
三条まちなかトークライブ コミュニティデザイナー山崎亮さん講演
 三条市ESD協議会は、13日午後7時から、燕三条地場産業振興センターで「三条まちなかトークライブ」を開催した。

 2部構成で行われ、第1部では、(株)studio‐L代表取締役でコミュニティデザイナーの山崎亮さんを講師に「地域を変えるデザイン」の基調講演。第2部では、國定勇人三条市長とのトークライブに関連団体などから、30歳代前後を中心に、まちづくりや中堅社員、ビジネスコンサタント、三条市職員など約200人が訪れて大盛況となった。

 山崎さんは1973年愛知県生まれ。studio‐L代表取締役で、京都造形芸術大学教授。「人と人をつなぐ」ことを第1に考え、まちの課題を、まちに住む人たち自身の手で解決するための方法を提案する「コミュニティデザイン」という仕事に携わる。離島、地方自治体、公園、病院など仕事のフィールドは多岐にわたり、昨年5月に放送されたテレビ番組「情熱大陸」や「クローズアップ現代」に出演し、話題を集めている。

 この日は、中心市街地の活性化について話す予定だったが、先に新潟市で同様の講演を行い、そこで聴講した人もいたことから、急きょ、変更して島根県の海士町(あまちょう)で第4次海士町総合振興計画に取り組んだ話をした。

 山崎さんは「たまたまこの間、『地域を変えるデザイン』というタイトルの本を出したところなので、この本を読んでいただければ、その内容は分かると思うので、お話ししません」と話し、会場を和ませ、講演をスタートさせた。

 約1時間の講演は、笑いの絶えない和やかな雰囲気で行われた。   
                                                 (間)

 山崎さんの講演要旨は以下の通り。

              *          *           *

 島根県にある離島、海士町で、総合計画というものを市民の人たちと作った。私は、各地でワークショップをやるのが仕事。7人とか8人ずつのチームを作ってもらって、それぞれのチームで話をしていくというようなことをこの海士町でやった。

 きょう、お話しするのは、海士町の総合計画なので、人口2336人と、かなり小さなところ。人口10万人いるようなまちでお話しするんだったら『そんなの参考にならない』と言われるかもしれない。ところがこれからは、より人口が少ないところの方が参考になる時代になっていく。より人口が少ないところこそが先進事例になるという時代が来る。もちろん、10万人規模でやっているところもある。三条市であれば10万人くらいで何をしているのかという話をした方がいいのかもしれないが、より先端部分は、1万人とか2000人にあると思うので、今日はより人口が少ないところの話をしたい。

 日本の人口はこれから減っていく。人口がまだ減っていない都会は遅れているし、参考にならない。いち早く人口が減っている所が何してんのかっていうのを把握したもん勝ち。

 有名なのは、徳島県上勝町の葉っぱビジネス。あるいは、神山町の『せかいのかみやま』。いずれも人口2000人くらい。実は、2000人くらいの規模が役場と議会がうまく一致して、新しいことをどんどん進められる。しかもそこの町長が英断すれば、『よしやろう』と一丸となって進めることができる規模。その図体が大きくなればなるほど、動きがのろくなっていってしまう。2000人や3000人のまちでいったい何が起きているのかということをそれぞれ、例えば三条市の自治会が2000人くらいだとすれば、自治会で何ができるのか考えていけばいい。

 海士町のある島根県は人口減少先進地。学ぶべきことがたくさんある。こういうところで、現地にいる人は1個1個課題を解決しようと知恵を振り絞っている。その先進地の中でも、ゲゲゲの鬼太郎で有名な境港から、フェリーに乗って4時間。合併したらちょっといいことしてあげるよと言われていたにも関わらず、単独町制でいくと決めた。借金は103億円。こういう場所が何をし始めたのか。私たちが入る前から取り組みを始めていた。町長がアイデアマンで、いろんな政策をうって、2300人くらいの海士町に対して、300人以上のIターンが入ってきた。若手ばっかり。いま、出産ラッシュで保育園がいっぱい。そんな離島はあまりないが、海士町は変わった状態になった。

 そんな海士町に課題は無かったのかというと、あった。それは、IターンとUターンと地元にずっと住んでいる地元継続居住者の仲が悪いということ。だから、総合計画を100人の人たちと一緒に作った。20人ぐらいのチームを4つ作りましょうと言って分かれたが、チームの中にIターン、Uターン、地元継続居住者がうまくミックスされて入るようなチーム編成にしないといけなかった。これで、2年間、総合計画というまちの全体の計画を作っていくことになったので、2年間一緒にやっていく中で、ある意味で、いいコミュニティになってくれたらいいなと思って、居住歴をバラバラにして入れた。あとは、年齢。14歳から71歳までの人が来てくれたが、この人たちも同じくらいの配分になるようにした。男女比も同じような配分で分かれてもらった。なんで、条件を整えなければならないかというと、各チームごとに競い合ってもらわなければいけないから。

 「あのチームあそこまでやっているぞ、うちもちゃんとやらなければ」という気持ちになってもらうため。若い人ばっかりのチームとベテランばっかりのチームが出て、若い人がブログやツイッターをやってどんどん情報発信して活動を開始しても、ベテランの人たちは『若いやつ多いから』と言ってあきらめてしまう。あきらめたらあまり進まない。だから、条件、男女比も一緒。女性だけのチームがあると、そこはダントツに進んでしまう。そうならないように、男女比も同じような割合にした。

 その結果、「ひと」「暮らし」「産業」「環境」という4つのチームに分かれた。

 その4つのチームで、2年間8回ワークショップをした。これは、相当少ない。ところが、この間に公式じゃない非公式な集まりがあった。これを合わせると40回くらいやっている。ワークショップは誰でもできる。ファシリテーター(進行役)とかいう人が来なくてもできる。1回か、2回やれば誰でもできる。参加者にやり方を教えてしまえば、私が会議に出なくていい。ワークショップをやる時は記録が大事。写真撮り係、タイムキーパーなど係を決める。そうすることによって、私たちがいなくても40回でも何十回でも自分たちでやるという状態を作って、私たちが来るのは八回だけ。

 どうしても、ここぞという時は合宿をやってもらった。全員、海士町に住んでいるけれど、海士町の宿泊施設に泊まり込む。80人が2泊3日ずっと議論をし続ける。最後、「島の幸福論」というタイトルを決める時も合宿をした。

 チームが4チームあるので、それぞれのチームの結束力を高めるということは2年間の間にかなりやった。自分たちでニュースレターを作れるようになるとか、補助金をどういう風にとってきたらいいか申請書類を書けるようになるとか、ずっと鍛えて、この人たち自身が活動できるようになるようにした。

 2300人のうち、100人しかいないので、その他の何人かに話をしないといけないということで、「未来への提言」というプレゼンテーションをしてもらった。各チームがどんなことをやったのか、演劇でやってくれたチームもいた。

 総合計画なので、策定委員会という乗り越えなければいけないものもいくつかある。議会にもかけなければいけない。そういう手順を経て、「島の幸福論〜海士ならではの笑顔の追求〜」というタイトルにした。

 レーダーチャートは島の人と話し合って決めた。東京とか大阪の都市部の幸福の指標、何を目指して東京や大阪で仕事をしているか。都市部は、教育や学力が異常に高い。海士町は、中卒、高卒が多い。多分、学力を高める理由の1つは所得。ちょっとでもいい会社に入りたい、ちょっとでも年収を高めたい。多分、ちょっとでも広い家に住みたい、ちょっとでも自然豊かなところ、ちょっとでもいい仲間がいるところ、ちょっとでも安全・安心な場所に住みたいと思っている。

 ところが、「東京にいる人は、広い家に住めているか、新鮮な魚や野菜を食えているか?」というのが海士町の人たちから見た都市部の人たちの今の幸福の指標。海士町はどうか。東京や大阪が目的にしている部分を全部手に入れている。人口減少社会のなかで本当に金と物がいっぱいほしいのか。20世紀の後半、それをやってきたけど東京、大阪の人たちは本当に幸せなの?鬱病の割合がどんどん増えていってる。どういうことなんだろう。隣りの部屋に亡くなって3カ月も気付かれないおじいちゃんがいて、それは尋常じゃないだろう。そんな暮らしがしたくて僕らは幸福を追求してきたのかっていうと、多分そうじゃない。海士町ならではの幸福を追求しなければいけない。そのために行政は何をするかを考えていかなければいけない。

 海士町の総合計画は2冊に分かれている。通常1冊で1センチ5ミリくらいの大きさになっている。読まないんだったら5ミリでいいと本編は5ミリ。その代わり、住民が提案した別冊を充実させた。

 本編は住民で枠組みを考え、それを行政ベースに組み替えてどれをどの課が担当するかを示した。重要なのは住民がやると言って本当にやるのかという別冊の方。これは、住民の人たちが読みやすいようになっているので、行政っぽくない。イラストなども入っている。

 産業チームは、竹を切って炭焼きをやって、環境を良くしたいと言ったので「じゃあやりますね」と言って入れた。こういう提案が24個、正確には30個出てきた。30個をいくつか組み合わせて、提案ごとのシートを作って「炭焼きクラブ、これは何人くらいでやれるプロジェクトですか?」と言って、「100人くらい集まったらできるんじゃないか」と言ったらはい100人。じゃあ次のプロジェクトは?「こんなもの1人でできるよ」と言われたら、1人でできることが増える。海士町は2300人なので、1人でできること、10人でできること、100人でできること、1000人でできることというところに張っていった。1人でできることは、明日からでもやりましょう。10人でできることはチームで集まってやりましょう。ただ、100人、1000人集まらないとできないことは、行政と一緒にやったらいいんじゃないか。だから、なんでもかんでも行政に頼むことはやめてくださいと話した。プライベート(個人)からパブリック(公共)までの間でスケールをいろいろ変化させる、コモンの領域が自由に行き来する、ということ。

 なので、別冊は目次が1、10、100、1000になっているだけ。かなりシンプルな目次になっている。

 そこから、産業チームは「炭焼きクラブ鎮竹林」、暮らしチームは「おさそいやさん」、環境チームは「水の調査」、住民が運営する趣味を生かした交流の場づくり「海士人宿」などのプロジェクトが生まれた。

 海士町は、平成の名水百選に選ばれている。選ばれたところは、名水サミットというのが回ってくる。名水サミットが海士町で行われることになった時、環境チームが全部やってくれた。

 海士町は、しゃもじをカンカン鳴らしながら踊る「キンニャモニャ踊り」という踊りがある。1番親しみがあるだろうということで、しゃもじをキャラクター化したが、キャラクター化はできていない。提案した人の顔に似せて書いているので、全部顔が違う。他の人は誰が誰かよく分からないが、本人は意識している。元ヤンキーの中村さんもいる。そういう人にまちづくりに入ってもらわなければいけない。ワークショップをやりますと言ったら、なんとなくまちづくりが好きそうな人しか集まって来ない。年齢層もだいたい同じで男の人ばっかり入ってくる。議論好きな感じの人が「そもそもまちづくりとは」と言うと、横から中村さんが「うるせー」とか言ってくれる。「難しい話すんな」と中村さんが言うといい雰囲気になる。まちづくりはそういうもの。

最初、100人から始まったが、今、このプロジェクトに関わってくれている人が300人まで増えていっている

 「魅力ある島前高校をつくろう」これが今まさに進んでいる。住民が高校を無くしちゃいけないと言って立ち上がった。海士町は、中学生がどんどん減っていって高校の入学者数が減った。ちょっと勉強をしたい人は島根県の本土の方の高校に行ってしまうので、中学を卒業したら島から出てしまう。これは何が問題か。あと3年、高校生活をここで送ってくれれば、ふるさと教育をもっとできたのに。中学卒業して出ちゃうと、島根県から、大阪とか京都とか東京に行っちゃうと、将来、戻ってこない可能性がある。だから、やっぱり高校だけは無くしちゃいけないだろうということで、プロジェクトが立ち上がり、私たちも協力することになった。

 「島留学」をテーマにしたらどうだと話し合って、大阪、京都、東京の中学校にダイレクトメールを送った。海外に留学するのもいいが、海士町へ留学しませんかという内容のものを送ったところ、すごく増えた。今まで、海士町の教育委員会は受験で人を落としたことがなかった。ところが、落とさなければいけなくなって落としていいものかという緊急の会議が開かれた。さらに問題なのは、海士町の中学生が落ちる可能性が出てきたこと。そのため、町営塾をはじめた。役場の中に塾ができた。結果、海士町の中学生は全員受かった。

 そのほか、集落をケアするため、総務省の集落支援員制度を使い、集落支援員6人と事務所のスタッフ1人の7人で、1人が2つの集落を見ている。

 海士町は全国に先駆けて高齢化率が高い。それより20年前に島根県が超高齢社会に入ったときに、さらに10年先に海士町は超高齢社会に入ってますから、相当進んでいるということ。海士町の支援員が全国に対してモデルを出すことができれば全国が助かるということ。あなたたちは非常に重要な役割を担っている。今、集落支援員の6人に伝えている。写真の撮り方や文章の書き方とか講座をやってもらっている。

 集落支援員の4人は町内から、2人は東京や大阪から。町内からの応募を見てビックリしたのは、元ヤンキーの中村さんが応募してきていたこと。自分で下水道の会社をやっているのに、会社は人に任せて、「俺は集落支援員をやる」と。2年間の総合計画作りをやっている間に、Iターンの人たちから話を聞いて、自分があまりに勉強していなくて、それでも、大事なことをやっているということが分かった。下水道の会社なので、浄化槽の点検に、2、3カ月に1回、回ると、集落がどんどん高齢化して、弱っていることにずっと前から気づいていた。何かしたいと思っていて、集落支援に応募してくれた。これは、すごくうれしかった。なので、中村さんに入ってもらった。

 総務省のお金なんていつまで続くかわからないので、自立させなきゃいけない。集落支援員は、集落支援の仕事しながら、企業の準備をしてくださいと言っている。7人全員が古物商の免許を取り、もらってきた古道具をきれいにして売る「集プロジェクト」をやっている。集落支援員が物を集めて、人を集めるという集めるプロジェクト。

 三条は、若い人に元気があるということを聞いた。私たちの時代は、高度成長期とは違う。高度成長期やバブルの時代は、税収がどんどん増えたから、あたかも公共事業っていうのは、行政が全部できるものと思ってしまった。そういう時代に生まれちゃったんです。ところが本来は違う。公共ということは、パブリックはプライベートから成り立っている。つまり市民の「民」の力を集めて公共的なプロジェクトをやるべきで、その一部に地方公共団体が入っている。生産年齢人口が減り、税収が減るこれからの時代は、行政も全部、公共的な事業を自分でやるという風に言わない方がいい。ちょっと横にずらして、税金以外の力で公共的な事業を支えないといけないだろうと思う。

 そこで、ちゃんと住民がやりたいと思うことと、行政なり、町がやってほしいと思うことに、うまく一致できているかどうか。住民のモチベーション、やる気をちゃんとマネージメントできるような内容になっているかどうかが大事だと思う。

 私たちがデザインしているのは、住民の人たちのやる気。住民の側から見れば、私がやりたいことをやってほしいし、私ができることをやらなきゃいけない、そして社会が求めていることも重ね合わせたところで、企画を練らないと自分がやりたいことと、人がやってほしいことだけをやってると趣味だったり、労働だったり、夢だったりするので、そうではないところでバランスをとる。

 皆さんが何をしたいのかを組み合わせて、プロジェクトを起こしていく。そうすると2年、3年やっていくとチームができあがる。今まで知り合いじゃなかった人たちが知り合いになっていく、このきっかけを作りたい。別に、総合計画がつくりたいわけじゃない。総合計画をネタにして、集まってくれた人と人の人間関係を作りたい。弱い関係、家族とも違う、会社の人とも違う人間関係。ウィーク・タイズ、弱いつながりはレンジが広い。だから、ちょっとした相談もできる。家族や会社で話せないことがこのチームなら話せる。その弱いつながりをたくさん作ることが大事。

 コミュニティーデザインは、結果的には何か物を作るわけではないけれど、そこで主体的に活動しようと思う人たちの気持ちであったり、あるいはこの人のつながりをどう作っていくかということが仕事の中で1番大切なことなんじゃないかという気がしている。

 2012年01月15日本紙掲載