顔と製品・技術、知ってもらいたい
越後三条鍛治集団技術展 28日〜30日
 越後三条鍛冶集団(小林由夫会長・25事業所、37人)は、28日(木)から30日(土)までの3日間、午前9時から午後5時まで(最終日は午後4時まで)、三条商工会議所1階チェンバーズホールで初の展示会「越後三条鍛冶集団技術展」を開催する。

 集団結成20周年の節目に開催する展示会で、地場の商社や関連企業、一般市民に向けて25事業所が持てる技術や製品を紹介する。事務局では「近年は金物屋の営業マンでも、鍛冶屋さんの顔と品物が一致しないという声がある。伝統的工芸品に指定された品目だけでも10品目あり、鋏(はさみ)や包丁、鑿(のみ)でよく知られる事業所でも、製品や技術はそれだけでないことがほとんど。鍛冶集団各事業所の技術を広く業者や市民に知ってもらいたい」と開催の趣旨を説明する。28、29日がバイヤーズデー、30日を一般公開デーとする。

 会場は三条商工会議所が協賛するかたちで提供。各事業所とも規模や品目に関係なく一律。間口約1・9メートル、奥行2・2メートル、面積で約3・7平方メートルの小間割で、バックボードや平台なども共通のデザインとし、会場全体で統一感を持たせる。

 経済産業大臣指定の伝統的工芸品産業「越後三条打刃物」の和釘、包丁、切出小刀、鑿、鉋(かんな)、鉞(まさかり)、鎌(かま)、鉈(なた)、矢床(ヤットコ)、木鋏(きばさみ)の10品目が完成するまでの工程を紹介するコーナーや、第62回伊勢神宮式年遷宮のために納品した和釘、野鉄金物の現物も展示する。また、各事業所が同一の素材を使って自由にペーパーナイフを制作し、同じペーパーナイフでもそれぞれの違いを見てもらう趣向も。

 市内各所にポスターを掲示して周知しているほか、三条金物卸商(協)や三条商工会議所などの会員をはじめ、燕市や旧与板町の業者、各事業所の取引先などに案内を出している。

 28日午前8時45分からの開会式では、小林会長、来賓の國定勇人三条市長、斎藤弘文三条商工会議所会頭、金子太一郎三条金物卸商(協)理事長らがテープカットを行う予定。                                 
                                             (外山)
 出展事業所は次の通り。

▼(株)相田合同工場▼義平刃物▼白井産業(株)▼拠゚巻刃物▼水野製作所▼池田鑿製作所▼小林製鋏(株)▼(株)諏訪田製作所▼永桶菊弘丸刃物製作所▼宗利製作所▼石川製作所▼小由製作所▼(有)平木鋏製作所▼(有)梅心子▼(株)山村製作所▼今井鑿製作所▼三条製作所▼田齋鑿製作所▼日野浦刃物工房▼吉金刃物製作所▼河村包丁製作所▼重房刃物▼(株)タダフサ▼増田切出工場▼涌井バール刃物製作所
 2012年01月24日本紙掲載