足元気にしながら、所願成就に手合わせる
八幡宮で小正月伝統行事「献灯祭」
 小正月の伝統行事「献灯祭」が、1月14日から15日の明け方にかけて、新潟県三条市八幡町、三条八幡宮(藤崎重康宮司)で執り行われた。

 八幡宮では14日午後7時から神事が執り行われ、玉串奉奠などが行われた後、國定勇人三条市長を皮切りに、奉納した団体の代表者が、それぞれのロウソクに火を灯した。この日は10日夜からの大雪は一段落したものの、夜はいてつく寒さで、ブルドーザーも使って除雪したことで境内は雪こそ少なかったものの、足元は凍ってつるつる。足元を気にしながら歩く人が多かった。

 
 
 
 献灯祭は、江戸時代から続く伝統行事で、金物商人の商売繁盛、旅路の安全を御神灯に祈願したことが始まりとされる。今年は、八幡宮拝殿に8貫目(約30キログラム)のロウソクが2本、5貫目(約20キログラム)のロウソクが33本、3貫目(約12キログラム)のロウソクが1本の合計36本。裏手の金山神社には650匁(約2・4キログラム)のロウソク79本が奉納された。

 雪こそ降らなかったものの、寒さと日曜日の夜ということで「出足がにぶい」という人もいたが、午後6時過ぎからは、境内でたき上げるためのシメ縄やお札を手に地域住民が続々と足を運んだ。午後7時からは拝殿の鈴がひっきりなしに鳴り、手を合わせる人が後を絶たず、ロウソクに火が灯された午後7時30分過ぎには拝殿には参拝のための長蛇の列ができていた。

 ブルドーザーによって除雪した境内には、今年もお好み焼きやチョコバナナなどの露店が並び、人気だったのは新潟のソウルフード「ポッポ焼き」の屋台。また、おたき上げでは、時折、勢いが強まる火に驚きながらも、冷えた体を温める人が2重、3重の輪を作っていた。                 (石山)

 2018年01月16日本紙掲載