「楽天市場部門」で栄冠
三条商業高校、楽天IT学校甲子園で優勝
 楽天(株)の高校生向け実践型インターネットビジネス授業「楽天IT学校」に取り組む新潟県立三条商業高等学校(遠間春彦校長)が、1月20日に東京都の楽天本社で開かれた「楽天IT学校甲子園2017」の楽天市場部門で優勝した。

 楽天IT学校は、インターネットショッピングモール「楽天市場」を利用して、楽天と地元企業、実施校が連携して販売ページ作成、商品企画、販売などを行うもの。その成果を披露する全国大会「楽天IT学校甲子園」が毎年開かれており、全国55校が参加した今回は「楽天市場」、「楽天トラベル」の2部門で行われ、優勝、準優勝、売上げNO.1賞、審査員特別賞を決めた。

 今年度から同事業を実施している同校では、履修科目「プランニング」の一環として、昨年6月から授業をスタートさせた。総合ビジネス科創造ビジネスコースの3年生30人ほどが7チームに分かれ、家電ネット販売の燕市中央通三、(株)シバデンの三ツ谷大社長、楽天(株)ECカンパニーファッション事業部の長谷川まどかさんに手ほどきを受けながら、シバデンの取り扱う商品の販促を目的にそれぞれ取り組みを進めた。

 昨年11月には、三条市中央公民館で実践発表会を開き、楽天IT学校甲子園に出場する1チームを選出。各チームの内容のほか、販売ページの出来栄え、それによる商品の売上げを含めて総合的に判断した結果、チーム「ハピネス」が全国への切符を手中に収めていた。   
                                               (山口)

 2018年01月24日本紙掲載