3日の鬼踊りを前に
本成寺婦人会が「福豆」袋詰め
  節分の日の2月3日(土)に三条市西本成寺一、法華宗総本山本成寺で行われる節分大祈願法要・豆まき鬼踊りに向け、本成寺婦人会(渡辺睦子会長)は1月31日、鬼踊り当日に販売する「福豆」の袋詰めを行った。

 各種景品の当たるくじが付いた福豆は、同寺の鬼踊りおなじみの品。土曜開催のことしはより大勢の人出を見越して、平日開催だった昨年よりも多い29000袋を用意。空くじはなく、自転車やテレビ、ソファー、布団、ストーブ、加湿器、ドローンなどが当たる。

 袋詰めは31日午前9時過ぎから同寺で行われ、婦人会のメンバー50人ほどと、世話人の男性30人ほどが作業に当たった。白いかっぽう着に身を包んだ会員らは、豆やくじを販売用の白い紙袋に詰める係、その袋にセロハンテープで封をする係と役割分担し、手慣れた手つきで福豆を仕上げていった。

 この日の午前中は絶えず雪が降り注ぐ悪天候に見舞われたが、「これほどの雪の中でも、これだけ大勢集まってくれた。本当に感謝です」と渡辺会長。「当日は、より多くの方に来ていただいて、厄を祓い、新しい春を迎えてほしい」と話していた。

 福豆は、3日午前9時45分ころから同寺客殿で販売する。価格は1袋100円。

 なお、当日の鬼踊りは午後1時から、午後3時からの計2回執り行われる。(山口)

 2018年02月01日本紙掲載