三条市で36度、10月過去最高更新
全国1位の暑さ、7月29日に続き
 10月6日、三条市で最高気温36度の猛暑日となり、10月の最高気温として観測史上最高を更新するとともに、気象庁の全国観測値ランキングで全国1位となった。三条市は7月29日に最高気温39・5度で全国1位、8月23日には40・4度で観測史上最高を記録した。

 6日は午前11時から30度を超え、午後1時57分に35度、2時42分に36度を観測。上越市大潟の35・7度を上回って全国で1番の暑さとなった。

 台風25号の接近で7日の屋外イベントが軒並み中止となる中、6日は快晴で「もうけもの」の天気だったが、台風がもたらしたフェーン現象で予想以上の最高気温となった。



 2018年10月07日本紙掲載