情報収集、市場性調査、参加企業も手探り
東日本初、アフリカ留学生とのネットワーキングフェア
 アフリカ留学生と新潟県燕三条地域の企業によるネットワーキングフェアが10月15日午後3時から、燕三条地場産業振興センターリサーチコアで開かれた。アフリカ留学生とのネットワーキングフェアは、東京や大阪、神戸などでの大都市では行われているが、地方都市での開催、また、東京を除く東日本での開催は今回が初めてとなった。

 参加した留学生は「ABE留学生」27人。ABEイニシアティブ(African Business Education Initiative for the youth)を通じて、アフリカの若手の行政官、起業家、企業人、大学等の教員を留学生として日本に受け入れ、日本企業の水先案内人を育成するJICAの産業人材育成プロジェクトによって国内の大学に留学している学生。


 このプロジェクトによって最も多くのABE留学生を受け入れているのが、南魚沼市にある国際大学だが、これまで燕三条地域企業との交流はほとんどなく、優秀なアフリカの人材とのネットワーク構築、また、現地情報の収集や自社製品の市場性の調査を目的に、ジェトロ神戸時代にネットワーキングフェアに携わった地場産センターの山田尚史海外販路支援部長との縁もあって実現した。

 参加したのは、国際大学の留学生だけでなく、長岡技術科学大学、足利大学、筑波大学、埼玉大学、芝浦工業大学、早稲田大学、東京大学、立教大学からの参加もあり、出身国も中央アフリカ、エジプト、南アフリカ、セネガル、チュニジア、ガーナなどさまざま。ネットワーキングフェアには燕三条地域の18社・団体が参加し、出展した企業の代表の1人は、「アフリカの方がどういう反応をするのか、情報収集したい」と、自社の製品をずらりと並べ、実際に使ってもらって、その反応を見ていた。

 留学生はこの日、ネットワーキングフェアに先立って、地場産センターの物産館などを見学。洋食器や鍋、ケトルなどにも興味を持っていたが、1番はピーラーなどのキッチンツールで、買い求める人も多かった。

 また、企業向けには午後1時からアフリカビジネスセミナーも行われた。一橋大学イノベーション研究センターの米倉誠一郎特任教授、ABE留学生を受け入れているサラヤ滑C外事業本部アフリカ開発室の森窓可さん、神戸情報大学院大学副学長の福岡賢二さんらが登壇し、アフリカビジネスの実例と今後の可能性などについて聞いた。
         

(石山)



 2018年10月17日本紙掲載