オリジナル推奨品、初の販売イベント
加茂商議所「小京都・加茂のタカラモノ。」
 新潟県加茂商工会議所(太田明会頭)認定の加茂オリジナル推奨品の販売イベント「小京都・加茂のタカラモノ。」が、10月20日と21日の2日間、加茂市本町地内の旧くしや店舗で開かれた。


 加茂オリジナル推奨品は、市内で作られる品物、あるいは体験できるサービスなどから選ばれた、オリジナリティーが高く「加茂らしさ」を感じさせる「もの」や「こと」。同商工会議所が観光資源のPR、会員事業所の新商品開発促進を目的に取り組んでいるもので、太田会頭と、同事業を主管する諸業部会(三浦伸一部会長)の審査を経て、このほど23事業所34品目が認定を受けた。

 内訳は、「食品」が21品目、「民工芸品」が11品目、「体験」が2品目。地元ならではの飲食品や製品のほか、人力車でのまち巡り、情緒ある老舗茶屋でのひとときも認定されている。推奨品の募集を随時受け付けていることもあり、応募を検討する声も上がってきているという。

 推奨品の販売イベントは今回が初開催で、会場には体験と一部食品を除く20数品目のほか、事業の趣旨や推奨品の目録を記載した特製パンフレットを用意し、レイアウトや装飾にも工夫を凝らした。また、11月23日(金・祝)と24日(土)に予定している東京都中央区・日本橋ブリッジにいがたへの出展も見据えている。

 この日はあいにくの悪天候となったが、開場してまもない時間帯から人出があり、加茂市の書家・泉田佑子さんが手がけた同事業のロゴマークを大きく掲げた入り口の装飾に引き寄せられるように足を運ぶ人も目立った。来場者は、ずらりと並んだ加茂の「タカラモノ」を興味津津にながめ、好みに合ったものを手に取っていた。

  (山口)



 2018年10月21日本紙掲載