秋冬の「トム・ソーヤ ストール」PR
喫茶つばめやで展示販売会 10月31日まで
 新潟県のNPO法人アビリティ燕(近藤麻理子理事長)が運営する燕市桜町、喫茶つばめやは10月31日(水)まで、同法人のオリジナル製品「トム・ソーヤ ストール」の、秋冬物の展示販売会を行っている。

 トム・ソーヤ ストールは、同法人が運営する指定障害サービス事業所トム・ソーヤの通所利用者が手織りで丁寧に仕上げたもの。同店では毎年春と秋に、新作のお披露目を兼ねた展示販売会を開くのが恒例で、ストールをはじめ「トム・ソーヤ」ブランドの品を広くPRしている。

 ストールの素材は、大きく分けてカシミア、アルパカ、ウールの3種類。カラーはオレンジ、ショッキングピンクといった明るめのものから、モスグリーンやブラウン、深いエンジなどの落ち着いた印象のものまでさまざま。単色のほか、チェックやミックスなど柄の種類も多彩。ストールのほか、ニット帽やバッグなども取りそろえている。

 価格は、ストール類が税込み6500円からで、帽子、カバン類が税込み2000円から。

 営業時間は午前10時から午後6時までで、土曜は午前8時30分から午後4時まで。毎週日曜、月曜定休で、祝日は不定休。

 問い合わせは同店(рO256・66・0123)へ。

                             (山口)



 2018年10月24日本紙掲載