優秀作品にAmazonギフトカード
ルームクリップで「暮らしの中のコロナストーブ」
 新潟県三条市東新保、潟Rロナ(小林一芳社長)は、SNSメディア「RoomClip(ルームクリップ)」でコロナストーブを使った部屋の写真の投稿を呼び掛けるキャンペーン「暮らしの中のコロナストーブ」を開始した。応募期間は12月16日(日)までで、優秀な投稿にはAmazonギフトカードなどを進呈する。

 「製品の機能」だけでなく、「ストーブのある暮らし」にも焦点を当てることでインテリアとしての魅力も発信しようという試み。

 ルームクリップのホームページ(https://roomclip.jp/)内の応募フォームから投稿した作品が対象で、「コロナストーブ/ファンヒーターと共に、楽しく快適な暮らしを満喫している写真(コメント含む)」1点を「ベストコロナ賞」として、Amazonギフトカード5000円分とルームクリップオリジナルステッカーを、「生活空間が『おしゃれ』や『かっこいい!』」2点を「おしゃれ・かっこいいde賞」として、「あたたかさがあふれる」2点を「ほっこりするde賞」として、それぞれAmazonギフトカード3000円分とルームクリップオリジナルステッカーを贈る。

 受賞作品は、12月25日(火)にルームクリップのホームページで発表する。



 2018年11月16日本紙掲載
コロナ