全国じばさんフェアも同時開催
燕三条じばさん年末フェア12月1日、2日
 燕三条地場産業振興センター恒例の年末フェアが12月1日(土)、2日(日)の2日間、新潟県の同センター多目的ホールで行われる。今年は、20地域の地場産センターによる「全国じばさんフェア」も同時開催される。

 年末フェアでは、メーカーによる直販、鍛冶職人、木工職人による実演、匠の技の体験が満載。

 直販では、刃物、園芸、ステンレス製品、キッチン、理美容・工具、食品、その他に22社が出展。テレビなどで取り上げられた注目の製品もあり、実際に試してみることもできる。また、燕市で大型ロケが行われた下町ロケットブースも設ける。タンブラーやスプーン、菓子などのコラボグッズを販売するほか、地場産センターでは普段は乗ることのできない実物大の段ボールトラクターにイベント期間中は乗ることができる。

 実演は、鍛冶職人による包丁研ぎと、木工職人によるまな板削り。いずれも使い込んだ品が新品のようによみがえると毎年人気の企画。包丁研ぎは、各日限定500丁で、1人2丁まで。1丁500円から受け付け、混雑の状況によっては翌日の仕上がりとなる場合がある。まな板削りは、各日限定50枚で、片面500円から。まな板の厚みなどによって受けられない場合もある。

 体験では、スプーン磨きや銅製小皿づくり、ビアカップ鎚目入れに加えて、新たに、やり鉋引き削りの実演も行われる。それぞれに時間、体験料が設けられている。また、豪華賞品もある参加無料の釘打ちコンテストと、鉋削りコンテストも行われる。釘打ちコンテストは、午前10時、午後1時、午後3時からの3回、鉋削りコンテストは午前11時から、午後2時からの2回、各回とも10分前に受付を行う。

 同時開催の全国じばさんフェアは、全国27の地場産センターのうち、燕三条地場産センターを含めて21の地場産センターが集合する。今治地場産センターは「雲ごこちフェイスタオル」、八戸地場産センターはB―1グランプリにも輝いた「八戸せんべい汁」、高岡地場産センターは銘菓「反魂旦(はんこんたん)」など、北は青森から南は鹿児島までの特産品を販売する。

 ほかにも、各日先着100人には山形県南陽市のいも煮の振る舞い(午前9時30分から整理券配布)、1日午前10時からは、燕三条エフエムラヂオは〜との人気番組「燕三条系さとちん電波」の公開生放送、カントリークラフトフェスタやスラックライン、バルーンアートなど大人から子どもまで楽しめる内容となっている。

 開場時間は午前9時30分から午後5時まで、2日は午後4時まで。

 問い合わせは、燕三条地場産センター(рO256・32・2311)へ。      (石山)



 2018年11月29日本紙掲載