定番十二支、今季はイノシシ
純チタン製ペンダントトップ
 金属アレルギーを起こしにくい「純チタン」製アクセサリーの製造・販売を行う新潟県三条市南新保、レジエ㈱(浅野良二郎社長)が取り扱う十二支をモチーフにした純チタン製ペンダントトップの中で、来年の干支・イノシシのニーズが高まっている。

 十二支のペンダントトップは、同社の定番商品。チタンは漢字で表すと、金偏に太ると書いて「鈦」と書くことから、“金が太る”と縁起を担ぐ人も多いという。

 イノシシのペンダントトップは、鼻からしっぽまで25ミリ、高さ18ミリ。1本の指に乗せることができるほどのミニサイズながら、すらっと伸びた立派なキバをはじめ、細部に至るまで丁寧に作り込まれている。4本足でしっかりと立つことのできるバランスの良さも、同社の技術力のなせる技。評判は上々で、「11月の中旬くらいからポツポツと売れはじめていて、ただいま増産中です」と担当者。

 価格は、根付も付いて税込8100円。同社内の直営店、オンラインショッ(http://www.leger.co.jp//)、燕三条Wingで取り扱っている。

 直営店の営業時間は、平日の午前9時から午後5時まで。年末年始は29日から1月3日(木)まで休業し、翌4日(金)から営業を再開する。

 問い合わせは同社(℡0256・34・9150/FAX0256・34・9151)へ。  
                                               (山口)


 2018年12月18日本紙掲載
レジエ