分水おいらん道中
来年は4月21日
 新潟県燕市の春の一大観光イベント、第77回分水おいらん道中が、4月21日(日)に燕市分水地区で開かれ、イベントの主役となる、おいらん役3人と行列を彩る付き人59人の募集を17日から2月12日(火)まで実施している。

 おいらん役は、道中を歩く信濃太夫、桜太夫、分水太夫の3人。応募資格は18歳以上の健康と体力に自信がある女性で、身長は155センチメートル以上、170センチメートルくらいまで。既婚・未婚、国籍、住所は問わない。安全上の観点から産前または授乳中も応募できない。また、3月9日(土)終日の2次審査会と3月23日(土)、4月5日(金)、4月17日(水)の事前練習に必ず参加できること。

 このほか、ほうかん、手古舞などの付き人も合わせて募集している。

 問い合わせは、燕市観光協会内、つばめ桜まつり実行委員会(рO256・64・7630/FAX0256・64・7638)へ。

 なお、土・日・祝は定休日。年末年始は29日(土)から1月6日(日)まで受付不可。


 2018年12月19日本紙掲載
おいらん募集開始