境内埋め尽くす3万人、鬼もみくちゃ
本成寺節分大祈願、鬼踊り
 
 
 新潟県三条市西本成寺一、法華宗総本山本成寺(門谷日悠管長)の節分大祈願法要・鬼踊りが2月3日午後1時から、午後3時からの2回、同寺で執り行われ、土曜日開催とあって例年よりも多い約3万人(主催者発表)が来場した。

 子どもを鬼に抱かせたり、頭をなでてもらうと健康に育つとも言われ、例年だと乳幼児を連れた家族連れが多いが、学校が休みの土曜日で小学生くらいの子どもたちの姿も目立ち、本堂は正午前に入場制限が掛けられた。

 朝方はマイナス5・3度の冷え込みだったが、昼過ぎには3月上旬並みの6・8度(いずれも新潟地方気象台)で太陽や青空も見えたこともあり、境内には本堂を取り囲むような人だかりもできたが、午後1時からの鬼踊り開始直前には強い風とともに冷たい雨が降る場面もあり、傘の花が咲いていた。

 正午から執り行われた地場産業振興祈願会には三条商工会議所と会員企業など24社、団体が名を連ね、裃姿の兼古耕一会頭をはじめ商工会議所役員らが参列して、商売繁盛、地場産業の発展を祈った。

 サインに応える黒鬼午後1時からの鬼踊りでは本堂内3つの舞台に加えて、本堂前に集まった人たちの前でも鬼たちが暴れまわった。

 節分大祈願法要で僧侶が本堂に集まった人たちを払い、清めると、農民と僧兵が協力して盗賊を追い払った故事にちなむ鬼踊りの言われを説明するアナウンスの後、僧兵たちが口上を読み上げ、いよいよ主役の鬼たちが登場すると、やや緩んだといっても厳しい寒さの中で待ち続けた観衆から歓声が沸き起こった。

 鬼たちは唸り声を上げて舞台を目いっぱい使い、全身にカメラマンのフラッシュを浴びながら迫力の踊りを披露。茶目っけたっぷりに観衆に答えるサービス精神旺盛な鬼もいた。

 門谷管長の掛け声で豆が撒かれると、鬼たちは僧兵に組伏せられて退散。改心の鐘を突くため鐘楼堂に向かうが、観衆にもみくちゃにされながらゆっくりと進み、ようやく鐘を突いて改心した後も記念撮影やサイン、乳幼児の抱っこを求める人たちが鬼を取り囲んでいた。                     
                                                  (外山)

 2018年02月04日本紙掲載