学生の声反映 ランキング「参考になる」
三条鶴亀社、成人式振袖展示会
 新潟県三条市本町一、去O条鶴亀社は、3月31日から4月8日(日)まで、同社展示会場で来年と再来年の成人式に向けた振袖展示会を開催している。

 例年、同社が行っている恒例イベントだが、今回は初めての試みとして、創業60年を超える老舗貸衣装店の同社と三条市旭町二、三条信用金庫の包括連携協定に基づき、加茂市希望ヶ丘、新潟経営大学の学生と中小企業庁の専門家派遣事業「ミラサポ」の事業として、三条市本町一、潟宴Cズエムディーのマーケティングプランナーでもある藤井篤代表も企画に加わった。

 今回の展示会では、新成人と同世代で、自身も成人式で振袖のレンタルをした経験などがある同大学の学生のアイデアを全面的に取り入れ、これまでとは一風異なる趣向で開催されている。

 メーンとなるのは、同大学の学生がSNSなどを活用して人気ランキングを実施。その結果を、利用客の振袖選びの参考に発表したほか、学生から反響の大きかった成約時のネイル割引券やオーダーメイドの髪飾りを展示会場やPR用のパンフレットでも全面的に押し出した。

 ランキングについては、1位の振袖はオレンジやピンクをメーンにした女子らしいスタンダードなもので、女子学生、男子学生の両方で1位を獲得した振袖。それ以外についても、幅広い世代から好感を得られそうな定番のデザインが上位に並んだ。

 展示会初日となった31日は、案内を送付した来年、再来年の新成人となる大学生や高校生が家族で訪れ、早速、気になる振袖を試着したり、同大学のランキング上位の振袖をチェックする姿が見られた。

 子どもの付き添いで訪れた女性は、ランキングについて「母親の立場では、とても参考になります。やはり世代で好みは違いますし、普段からよく見るものでもないですし。娘と同じ世代のランキングはとても良いです。いいな、と思ったものがランキングに入っていて、やっぱりなと思ったりしますし」と話していた。

 また、来年の振袖を母親と選びにきていた女性は、「何着も試着できるのはありがたいですが時間がかかるし、ランキングはとても助かります」と話していた。

 同社の渡辺喜久雄社長は、「やはり、直接、成人式に関わる大学生の方からお話を聞けたのは、とても良かったと思っています」と話していた。

 なお、同展示会の開催時間は午前10時から午後6時まで。   (細山)


 2018年04月01日本紙掲載