初回はソラマメ
チーム・パンジー始動
 新潟県燕市吉田下中野、潟tジノス(金子秀司社長)は、6月2日午後1時30分から、同社本社内で、「シーズンフードレシピイベント」と銘打ったユニークな料理教室を開催した。

 業務用のIH対応の鍋などで高いシェアを持つ同社が、一般ユーザーとの距離を縮め、より身近なブランドを目指すべく立ち上げたオフィシャルサイトを中心にした女性ユーザーによる「Team Pan―sy(チーム・パンジー)」の最初の取り組み。今回は旬の野菜で美容効果もあるソラマメをテーマに、県内出身の料理研究家で野菜ソムリエでもある古川浩子さんを講師に行ったもので、8人の定員がすべて埋まる人気ぶりとなった。

 同社のIH調理器具を使ってソラマメごはん、ソラマメのぺぺロンチーノ風いため物、ソラマメと新玉ねぎのかき揚げを調理、試食したあとで同社の担当者がIH鍋の手入れなどの講座を行う内容。

 調理は、ソラマメを使う上で基本となる下ゆでの工程からスタートし、塩加減のほかに青くささを和らげるために日本酒を水1リットルに対して大さじ1杯加えることなどを紹介。そのほか、スーパーの店頭などでソラマメを選ぶときには、からを取ってしまうと急激に鮮度が落ちるために、極力、から付きのものを選ぶなどのポイントも説明。参加者らは、熱心に耳を傾けていた。

 同社では、旬の食材を使った「フードレシピイベント」について、今後も、時期を見ながら定期的に開催していく方針で、営業部の近藤歩さんは、「次は夏になるか秋になるかは分かりませんが、これからも続けていきたいですし、そうでなければいけないと思います。これをきっかけにホームページを見てもらい、製品にも興味を持っていただければ」と話していた。     (細山)

 2018年06月06日本紙掲載
フジノスで料理教室