熟してから収穫、直売所品質に自信
トマトサミット、ただいまーとで
 最盛期を迎えた南蒲産トマトや、トマトのデザート、パンなどの加工品をそろえた「トマトサミット」が6月30日、7月1日の2日間、JAにいがた南蒲の農産物直売所ただいまーとで開催された。

 知名度抜群の大玉品種、桃太郎、中玉品種ではフルーツトマトの華小町、フルティカ、シンディースイート、ミニトマトではフラガールと数多くの品種が並んでおり、1杯100円のミニトマト詰め放題も行われた。

 同JA管内ではトマトの栽培が盛んで、出荷者は数十人単位。赤く熟してから収穫する直売所ならではの鮮度と、「何もつけずに、そのまま食べていただきたい」という味の良さが売りで、同一品種でも出荷者によって甘味、うま味、酸味のバランスが異なり、好みの味わいのトマトを探す楽しみもある。特に華小町は「リピーター続出」の人気品種。

 直売所の出荷者が売り場に立って行う試食や、トマトサラダをサンドしたコッペパン、ピザパンなどただいまーとならではの加工品や、トマトと相性のよいバジルも販売されたほか、ジェラテリアココでは南蒲産トマトのソルベ、トマトとチーズ、バジルのカプレーゼをジェラートにアレンジして販売された。

 野菜ソムリエの資格を持つ同JA職員が南蒲産トマトを冷製スープのガスパチョ風に調理して、先着100人にふるまい、家族連れなどに好評だった。1日も午前11時、午後2時の2回、それぞれ先着100人にふるまう予定。

 出荷者の1人は「トマトは品種改良が進んでいて、一口に桃太郎と言ってもさまざまな品種がある。病気に強く農薬の使用を抑えられるものなど安心な品種も増えているし、味は、ほぼフルーツと言っていい」と、栽培するトマトについて話していた。

 営業時間は午前9時30分から午後6時まで。(外山)


 2018年07月01日本紙掲載