日中はえんがわ、夜はBAR SALONで
オトノハコ、はんだすなおさんらがスペシャルライブ 3月21日
 新潟県加茂市にスタジオを構える音楽事務所オトノハコ且蜊テ、NPOステージえんがわ、三条市共催のスペシャルライブ「笛人 本宮宏美&都会のラクダ with micky扇」が、3月21日(木・祝)午後3時からステージえんがわで開かれる。

 オトノハコのフルート奏者で「笛人」こと本宮宏美さんと、ピアニストのはんだすなおさんがリーダーを務めるユニット「都会のラクダ」のコラボライブ。はんださんは昨年秋、燕市文化会館で開かれた「ふるさとコンサート」で本宮さんと共演しており、都会のラクダとしては新潟で初のライブとなる。

 参加料は、ステージえんがわ内「三条スパイス研究所」の特製ライトフード付きで税込み2500円。先着80人、事前予約が必要で、申し込み締め切りは18日(月)。

 申し込み、問い合わせはステージえんがわ(рO70・2827・8883)、またはオトノハコ(рO25・211・2213)へ。

 また、同日午後8時からは同市居島の「BAR SALON」で開かれる同店10周年記念ライブに、はんださん、「ash」ことオトノハコの笠原厚浩社長などが出演。2人は2017年に逝去した三条市出身のシンガーソングライター、shuさんと交流が深く、当日はshuさんの楽曲も交えて「ブルージーな夜をお届けします」。

 こちらのライブの参加料は、ワンドリンク付きで税込み3000円。

 申し込み、問い合わせはBAR SALON(рO256・32・4225)へ。        
                                               (山口)


 2019年03月06日本紙掲載