ハイグレートタイプ省エネ性能向上
エコキュート18機種4月から順次発売
 新潟県三条市東新保、(株)コロナ(小林一芳社長)は、エコキュートの新商品18機種を4月1日から順次発売する。1缶式の「ハイグレードタイプ」と「ハイグレード高圧力タイプ」は、年間給湯効率が従来の3・3から3・4と省エネ性能を高めた。

 同社のエコキュートは、新電気料金メニューや電力使用状況に合わせて電力使用量のピークを抑える、「ピークカット」、「沸き上げ時間シフト」、「パワーセーブ」の3つの機能を搭載しているが、さらに新商品では、夜間時間帯が短い電力プランでも沸き上げ開始のタイミングを前倒しできるよう、沸き上げ時間シフト機能を改善。早朝の家全体のピーク電力を低く抑え、実量契約の場合には、基本料金を安く抑えることができる。

 ほかにも、電力契約設定忘れ防止機能により、初回起動時に、リモコンに電力契約設定画面が表示されるため、沸き上げ時間のズレや、ランニングコストの高騰を未然に防止。同社のアフターサービス対応窓口の連絡先(フリーダイヤル)がリモコンにあらかじめ登録されているので、万一、商品に不具合が発生した際にも修理依頼などの連絡がスムーズに行える。

 新商品はハイグレードタイプ3機種、ハイグレード高圧力タイプ2機種、高圧力スリムタイプ1機種、2缶式薄型高圧力デザインタイプ2機種、2缶式薄型高圧力タイプ2機種が4月初旬から、スタンダードタイプ4機種、高圧力スタンダードタイプ1機種、高圧力スリムタイプ1機種、スリムタイプ2機種が5月初旬から順次発売する。価格は税抜き79万円から。

 問い合わせは、コロナ営業本部(TEL0256・32・2111)へ。
 2017年02月15日本紙掲載
コロナ