通常1カ月以上が24時間で
家庭で手軽にフルーツビネガーメーカー
 新潟県燕市吉田西太田、ツインバード工業(株)(野水重明社長)は、自家製フルーツビネガーを家庭で手軽に作れるフルーツビネガーメーカーを今月下旬に発売する。

 通常1カ月から3カ月かかるフルーツビネガーや果実酒が24時間で完成。季節の果実を使ったフルーツビネガーをすぐに楽しむことができる。朝は炭酸で割って一杯、夜は酒で割ってリラックスなど、さまざまな楽しみ方ができる。

 手軽さだけでなく、「まずは最初の一杯。きっとおいしさに驚くはず」と、おいしさにも太鼓判。ヒーター方式により、ボトル全体を包み込むようにじっくりとムラなく加熱されるので、自然でマイルドな味わいが生まれる。

 「アップル&ジンジャービネガー」、「ゆず&オレンジビネガー」、「ピクルス」、「フルーツ甘酒」など22種類が簡単にできるレシピブック付き。ドレッシングやケーキといったフルーツビネガーを使ったアレンジレシピも掲載している。

 ガラスボトルも含めて日本製で、色で知らせる24時間タイマーがついている。

 大きさは、135ミリメートル×135ミリメートル×305ミリメートルで、ガラスボトルとふたを含めて重さは約0. 9キログラム。

 色はシャンパンゴールド1色で、店頭販売価格は1万円前後の見込み。

 問い合わせは、ツインバード工業営業企画本部営業企画部(TEL03・3663・8772)へ。
 2017年04月25日本紙掲載
ツインバード工業