AG刷新、EGにフルオートタイプ
石油給湯機24機種11月から発売
 新潟県三条市東新保、(株)コロナ(小林一芳社長)は石油給湯機の新商品24機種を11月初旬から発売する。石油給湯機アビーナGシリーズ(AGシリーズ)の全22機種を刷新し、高効率石油給湯機エコフィールの壁掛型(EGシリーズ)に「フルオートタイプ」2機種を追加するもの。

 AGシリーズは、本体の構造を見直したことで連続給湯効率が従来の86・5%から87・0%に0・5ポイント向上。省エネ&ひかえめ設定と節水機能を1つのスイッチからオン、オフできる機能「ecoモード」、停電復帰時の日付、時刻再設定が不要な停電時時計保持機能(4時間)を新たに搭載するなど、使いやすさも向上した。価格は税抜きで22万8000円から42万5000円。

 EGシリーズは、お客から要望の多かった、お湯はり、保温、たし湯を自動で行う「フルオートタイプ」を追加した。これにより、「給湯専用タイプ」、スイッチ操作による保温が可能な「給湯+追いだきタイプ」、お湯はり、保温までを自動で行う「オートタイプ」、「フルオートタイプ」がそろい、これまで以上に暮らしに合った給湯タイプを選ぶことができるようになった。「フルオートタイプ」の価格は税抜きで44万6000円から47万3000円。

 問い合わせは、コロナ営業本部(TEL0256・32・2111)へ。
 2017年10月27日本紙掲載
コロナ