フルオートタイプに入浴お知らせ機能強化
エコキュート2019年モデル4月から順次
 新潟県三条市東新保、潟Rロナ(小林一芳社長)は、省エネ給湯機エコキュートの2019年モデル37機種を4月から順次発売する。業界トップクラスの省エネ性能を誇る「プレミアムエコキュート」や「高圧力ハイグレードタイプ」のフルオートタイプ、オートタイプ、給湯専用タイプなどをラインアップし、全機種に「スマートナビリモコンプラス」、フルオートタイプでは入浴お知らせ機能を強化する。

 入浴お知らせ機能の湯上がりタイマーは、長湯によるのぼせ防止をサポートし、入浴事故を予防する機能。入浴者が浴槽に入り、設定時間が経過すると光と音で長湯を知らせる。また、新たな機能として、長湯を知らせた後、居眠り等で入浴者の動きが少ない場合、台所リモコンから家族に光と音で注意を促す。

 また、太陽光で発電した電力を自家消費する「ソーラーモード」も備える。翌日の天気予報が晴れの場合にソーラーモードを設定すると、夜間運転の一部をセーブして、翌日の昼間に太陽光で発電した電力でエコキュートを運転する。

 新商品には必要に応じて台所リモコンにQRコードを表示する機能も搭載。QRコードから専用のサイトに接続すると、取扱説明書やQ&Aなど、困りごとを解決に導く情報を提供する。

 発売するのは一般地仕様が23機種、寒冷地仕様が14機種で、希望小売価格は税抜63万5000円から109万円。

 問い合わせは、コロナ(рO256・32・2111)へ。


 2019年02月04日本紙掲載
コロナ